スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

新ブログ

こんにちは。トモサチです。
写真とか載せたいのでウェブブログを作ることにしました。使いこなせるかどうかイマイチ不安ですががんばります。

最初なので自己紹介をしましょう。今回の日記ではなるべく自分をさらけだそうと思っているので。

わたしは今大学生です。都内の大学に通っていて、児童文学など専攻しています。わたしはもともと本が好きで、小学生のときから図書館で好みの本を見つけて読むのがすきでした。中学生のときがたぶん一番読書にいそしんでいた頃です。最近は以前ほど読書にのめりこむ余裕はないのですがまあまあ読むほうかと思います。(ちなみに中学のときは漫画にも全力でのめり込んでいました。それはもう痛いほどに。)つまり、いまだに子どもの頃(いまも自分は子どもだと思っていますが)好きだった本を読んでいる&研究していることになります。

児童文学ってどんなんだ? とよく聞かれるのですが、つまりは児童向けの文学です。絵本、童話、家庭、ノンフィクション、ファンタジー、古代、青春(YA)文学などなど、幅広ーいジャンルの本があります。
児童文学は、『子どもの読むもの』にとどまりません。もちろん文章が平易だからといって、作品の質が一般文学と劣ってるなんてことも絶対にありません。だって、絵本は大人だって読むでしょ? 絵本や児童文学、児童文化(おもちゃや童謡など全般)をまったく触れずに大人になる人なんていないでしょ? むしろ、わたしは全年齢を対象にしたスーパーな文学だと思っています。

えー、なんだか初回から相当うざい語りをしてしまいましたが、とにかくわたしは児童文学がだいすきなのです。といっても、まだまだ全然詳しいとは言えないし、偏食気味でもあるのですが、ちょこちょこ児童書語りはしたいと思います。はい。本当語り出すと止まらない……そんでもって結局日常系のことは全然語っていないという……。

では最後にオススメ児童書を紹介をしましょう。(恒例化しそうな予感)

イーニッド・ブライトン『おちゃめなふたご』
ブライトンの寄宿学校もの(ふたご、ダレル、エリザベス)は小学生のときの愛読書です。特に『おちゃめなふたご』シリーズは家に全巻そろっているので、風邪引いて(もしくはサボって)家に居たとき繰り返し読んでいました。登場人物がみんな個性的。真夜中のパーティや、色んないたずらが面白くて学園に憧れたなあ。ああわたしもムーンライト・スイミングしたい! 聞いたことない名前の食べものを想像するのも楽しかった。サーディンとか、プディングとか、ジンジャーケーキとか。
わたしの好きなキャラクターはふたごの片割れ「イザベル」とフランス人の「クロディーヌ」でしょうか。あとヒラリーもすきだなあ。うーん、みんな好き。
ぜひぜひ今の少女たち(笑)にも読んでもらいたい本なのですが、最近は本屋さんでもあまり見かけません。アニメもやってたのにな。もったいないです。

復刊
してほしいなあ。出来れば完訳で。
スポンサーサイト
2005年08月11日 | Comments(2) | Trackback(0) | 自己紹介
コメント
はじめまして
ふらっと立ち寄らせていただきました。おしゃま社長といいます。
リラックマが大好きです。
児童文学ですか、大変立派な道だと思います。周囲の理解は得にくいかもしれませんが(余計なお世話でしょうが)頑張ってください。
では失礼します。
おしゃま社長 URL 2005年09月09日 21:14:40 編集
>おしゃま社長さん
どうも初めましてトモサチです! こんな辺境ブログにようこそです。リラックマわたしも好きですよ…! ゲームセンターでよくぬいぐるみを捕獲します。リラックマのおかげで財布が寂しくなりました。

児童文学、理解度は低いでしょうかやっぱり……。ハリー・ポッター、ロードオブザリング、チャーリーとチョコレート工場など最近は映画でも大活躍なのですがどうでしょう?? 大人も子どもも楽しめる素晴らしいジャンルだとわたしは思ってます☆
トモサチ URL 2005年09月09日 22:05:00 編集

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。