スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

人は儚い夢をみる

いつからわたしは雇われることに必死になったんだろう

・漫画家
・お菓子研究家
・翻訳家
・児童書作家
・なんか本とか作る人

こういうのが夢だったのに
なんの努力もしてこなかったよね。。

・児童文学研究家
↑これとかどうやってなるんだろー?
なっても収入なさそうだけどwwww

デザイナー志望とかだったら美大に行ってたんだろうけど
生憎絵を本格的にやろうとか思ったことなかった。。。
やりたいこととやってきたことがうまく重ならない。


未来の展望がうまく描けない。
よそ様のちいさい子どもを見るたび、ああああかわいい絶対子ども作るぞ
と思う反面 自分が子育てしてる場面が想像できない
わたしはいつまでも子どもでいたいから 子育ては範疇にない
子どもが出来たらこうしよう!っていう決まりはあるけど
実現するかどうかはわからない
結婚願望もなんかあんまりない
束縛されたくない

天気のいい日は散歩したり
ふらっと出かけたりして
夜になったら絵を描いたり文章を書いたりする
それが未来のライフスタイルだったらいいのに
多くは望まないから
つつましい生活でいいから
明るい部屋と色とりどりの画材とすきな本と雑貨に囲まれて
すきなときにすきなものを食べて
すきな服を着て
歌いたいときに歌って
泣きたいときに泣くの

それが一番難しいのかもね
甘いのかもね
夢みたいなのかもね

時間に追われて ビル街の中を駆け回ったり
知らない人と知り合ったり 頭を下げたり
名刺を交換したり。。そういうのが仕事になるのかな

(わたしの理想スタイルは 他人と極力関わらない仕事 みたいw)
(その辺は成長してないな…)

甘いってわかってるけど
楽なほうへ流れたいだけなんだけど
隙あらば 楽してやるー。
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。