スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

出逢ったトキメキ忘れないで

小学生~中学生時代に読んだ本が今のわたしの読書基盤になっているといって過言ではない。

今日の授業で観た映画の原作も、中学校の図書館で何気なく手に取り、
気に入って全巻読破したものだった。
あの頃のわたしは読む本を感覚で選んでいた。自分の直感を信じて。
周りにとっては無名でもマイナーでも、好きな本を読もうと。

あの頃のわたしは、読書にとても貪欲だった。
膨大な量の本のなかから、少しでも自分好みのものを読もうと必死だった。
人生において、一個人が読める本は限られている。それは、本好きなひとなら身に沁みて感じている事実だと思う。
だからこそ、読むべき本は面白いものであって欲しい。
わたしはタイトルや表紙や装丁を見て本を手に取り、数ページ読み、かなり慎重に厳選していた。
そして、読む以上はより多くのことを吸収しようとつとめた。

それが今じゃ、どうだろう。

本を読むことが義務になっていないだろうか。
授業のため。知識のため。優越感のため。将来のため。
そんなことにとらわれすぎて、あの頃みたいに、純粋に本を読みたがってはいないんじゃないか。本を開くときのワクワク感。出逢えたことを喜び、展開するすばらしい話に胸をときめかせる、ひしひしとした幸福感は薄れてしまっているんじゃないか。

今日、学校の図書館を歩いていて気がついた。

昔のわたしだったら、「こんなにわたし好みの本が揃ってるなんて!」
と狂喜したはずの図書館で、わたしは、より自分のためになる本、利益になる本を読もうとしてる。
それがわかって、完全には否定できなくて、すこしかなしい。

受験後、今の学校に見学に来て、図書館を見て、迷いを捨てて入学を決めた。
そのとき、わたしは――かなり、ワクワクしていたのだ。
『ああ、ここではわたしの好きな本たちが埋もれていない。
 胸を張って好きな本として挙げられる。
 もっと読もう。たくさん読もう。わたしの好きな本を』と。
けっして大きな図書館ではなかったけれど、わたしの求めていた世界がそこにはあった。

そんな風に、児童文化というジャンルがあることや、
児童書がすきでもいいんだと知ったときはうれしかった。
今まで読んだ本の良さを語りたいとも思っていた。
けどそれが義務になってはいけない。絶対に。
いつまでも、好きな本と出逢う姿勢、ワクワク感は忘れたくないと思う。

昔読んだ面白い本をもう一度読みたいし、
ワクワク新規開拓もするぞー。オー。

*

児童書じゃないけど、重松清『流星ワゴン』読み終わりまんた。
あと今日、授業で見た映画は『リトル・ヒーロー』で、原作は『リトルベアー』シリーズです。
(オムリ役の顔が愉快だった…。いろいろと面白い映画だったけど、たぶん当時読んでたとき浮かんでいたイメージとはだいぶ違う……。オムリの顔が酷すぎる リトルベアーもうちょっと浅黒い肌だったら良かったのにな。しかし、全3巻読んだ割に記憶がおぼろげなので、これから読み返してみようと思います。)
スポンサーサイト
コメント

管理者だけに表示する
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。